いろんな角度からの想い

昨年発売し御好評いただいたCD『グリーンスリーヴス エターナルリコーダー』のメンバーが再集結、CDの収録曲を含むプログラムでの演奏が叶いました♪

山岡(平尾)重治さんと竹山宏之さん、日本を代表する著名なリコーダー製作家のお二人が共同設計(バロック時代の製作家ブレッサンのモデル)しZEN-ONから発売される、新しいプラスチック製リコーダーのお披露目会という、とてもおめでたい場でした☆

(→ 製品紹介ページはこちら) 

客席もスタッフも(演奏者側も)ほとんどがリコーダー関係者、なんだか新鮮で、その熱気にびっくり!

リハーサルでお会いするたびに、山岡さんはこの新しいリコーダー開発のことをたくさん話して下さり、実際の製作を担当する工場とのやり取りの繰り返し、延々続く微調整、プラスチックならではの難しさ・・・今まで全く知らなかった世界を垣間見ることができました。

古楽をメインにやっていると、いわゆる大量生産の楽器には縁がないと思っていましたが、こんな身近に。

その大量生産が軌道に乗るまで、裏ではこんなに苦労があって、専門家が心を込め時間をかけて開発していて、本当に多くの人の情熱がそれを可能にしているのだということを、今回、目の当たりにした想いです。

 

共演のリコーダー奏者の皆さんも、この新しいモデルを実際に演奏して、とても高く評価しておられました!

より質の高い、そして安価な楽器が、学校の現場や愛好家の方々の手元で大活躍していくんですね(*^^*)

私もこっそり購入して練習してみようかなぁ・・・。

発売が楽しみです!

ちなみに写真に写っているのは、奥の白黒の子たちがそのプラスチック製リコーダー、あとは全て手づくりの木製リコーダー、あと、マイクです(笑)

 

9/5 Duo Maris vol.6 キアーロスクーロII ことばの模倣 チケット発売中!!!

 

♪ 更新のお知らせ 6/15

 

雑記