春の嵐と ささやかなピツィカート

今日は久しぶりに、モダンオケの中に入らせていただきました♪

空っぽのホールを占有して、降り番の曲のリハを聴ける、役得。

チェンバロはいつもだいたい出ずっぱりで、降り番があることって実は少ないのです…(^^;)

オケの音色とパワーをたっぷり全身に浴びて、そういえば私の音楽人生、とりわけ多感な10代はずっとオケと共にあったなぁとしみじみ。

 

さて、明日はいよいよ《L'augellini garruli おしゃべりな小鳥たち〜 イタリアのソプラノデュエットソングを集めて》です!

ソプラノのデュエットに特化したコンサートって、結構珍しいんです。

通奏低音もリュートとチェンバロの2種で彩ります☆

当日券もございますので、ぜひ明日の晩は豊洲へお越しください(*^_^*)

 

♪ 更新のお知らせ 1/18

 

雑記