憧憬

昨日のLa Cour Musicaleのコンサートに御来場頂いた皆様、どうもありがとうございました。

毎秋続けていた狛江市での古民家コンサートが昨年で終わってしまったので、今回は代々木のリブロホールをお借りし、新たな一歩。

公演タイトルは《イタリアへの憧憬》、イタリアに影響を受けた他国の作曲家の作品、そしてイタリア人作曲家の作品、いろいろ散りばめてお届けしました。

憧憬って、素敵な言葉ですね。

なにかに憧れるというのは、なんだかとてもあたたかくて、前向きで、キラキラ。

いつまでも興味津々でいたいなぁ、いろんなことに。

 

さて、来週22日&24日は、ヴィオラ・ダ・ガンバ福澤宏さんのリサイタルです。

22日東京公演、残席少なくなってきました(長野公演は完売)。

どうぞお聴き逃しのないよう!

 

そして、31日は<ひとり琴>です。

気づけば残りあと20日をきっていました・・・どきどき(>_<)

2回公演、どちらもまだお席ございます。

年に一度だけ、心を込めてお送りする、ソロのコンサートです。

ぜひ聴きにいらしてください♪

 

♪ 更新のお知らせ 6/15

 

雑記