饗宴

本日東京は、13年ぶりだか16年ぶりだか20年ぶりだかの大雪です。

吹雪の中、東京オペラシティでのコンサートを終えて帰宅。

電車が動いてて良かった!

エルヴィオ・ソーヌス&オーケストラ・シンポシオンで、G.B.ペルゴレージ《聖母マリアの夕べの祈り》の日本初演でした。

1710年生まれのペルゴレージは26歳の若さでこの世を去ったのですが、彼の遺した作品群の中から、1952年生まれの音楽学者M.ブルーノが再構成してまとめたのが、2時間に及ぶこの大曲。

古いけれど、新しいのです。

演奏家として、新しい曲をこうやって紹介する機会に恵まれるのは最高の幸せ。

実は5年前にも、G.H.シュテルツェル《ブロッケス受難曲》の日本初演に参加しました。

これはすごい名曲でした。

また弾きたいな・・・。

 

オルガンを弾くと、体のなかの気の流れがスムーズになります。

深く息を吸って深く吐いて、鍵盤をすっと押して、パイプから出る空気と一体になる心地よさ、これもまた幸せ。

 

♪ 更新のお知らせ 6/15

 

雑記